FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキ考察7 【クリフォート】

から始まった新環境では【シャドール】【テラナイト】が大暴れ。どうしたペンデュラム召喚!と言われていたが、夏のパックで満を持してPテーマが登場。
膨大な効果とP召喚という新しいギミックのせいで複雑なテーマというイメージもあるかもしれませんが、その実体はかなり大ざっぱ。ある意味遊戯王らしいデッキと言えると思います。


★カード
《クリフォート・ツール》
モンスターはもちろん、魔法罠もサーチできる【クリフォート】の心臓。シンプルかつ強力な効果なので特に語ることもないですが、【クリフォート】の規制は楽そうですね。

《クリフォート・アーカイブ》
貴重なスケール1。リリースされるとモンスターのバウンスができる。Sモンスター・Xモンスターの除去のほか、場に出ている《クリフォート・ディスク》を戻したりするプレイングも可能。
なにかと《クリフォート・ゲノム》とセットで語られるため個人的に【聖刻】の《聖刻龍-シユウドラゴン》《聖刻龍-ネフテドラゴン》とイメージがかぶる。

《クリフォート・ゲノム》
こちらはリリースされることで魔法罠が破壊できる。自分からはPゾーンのクリフォートや《スキルドレイン》などを割っていろいろと動きやすくすることも可能。
アーカイブ同様《機殻の生贄》を付けてビートダウンするだけでもかなり強い。

《クリフォート・ディスク》
キルマシーン①。デッキから2体までリクルートできるので、攻撃が全て通れば6400。
何らかの除去を当てられてもとりあえず後続としてエクストラにクリフォートを用意できるのでかなり優秀。共通耐性により《エフェクト・ヴェーラー》を撃たれないのも偉い。
機殻の生贄などと組み合わせ、2~3ターン目にこいつを出すのが【クリフォート】の基本戦術となる。ツールの対となるスケール1なのでそういう面でも何かと便利。

《クリフォート・シェル》
キルマシーン②。単体で5600ダメージを叩き出せる上、貫通のおまけ付き。《ダークネス・デストロイヤー》は実は優秀だった…?
ディスクと比較した場合、数を並べないことがメリットになり得る状況もしばしばあるため、こちらを優先するパターンもかなり存在する。

《アポクリフォート・キラー》
超強力な耐性を持ち、ひとたび登場すれば圧倒的なパワーでフィールドを支配できるが、警戒度もやたらに高いので《No.52 ダイヤモンド・クラブ・キング》で意外とあっさり突破されることも。
ディスク&シェルと比べると、やはりPモンスターではないのが足を引っ張る。リリース3体というのもオーバーキル気味。帯に短しタスキに長し…

《機殻の生贄》
一見地味に見えるが、実はかなりおかしな事が書いてあるカード。なんか【シャドール】の《墜ち影の蠢き》でも同じようなことを書いた気がする…
とりあえずサーチしてとりあえず付けておくだけでも打点+サーチ+ディスク&シェルのトリプルプレッシャーがかけられるのでかなり強力。
イメージとしては一通り展開したあとの【甲虫装機】で登場する《甲虫装機の魔剣 ゼクトキャリバー》に近い。

《EMトランポリンクス》
「クリフォー・トランポリンクス」と呼ばれているらしい(?)モンスター。
ツールとの相性が抜群で、ここが揃うと1ターンの動きで「2回サーチ+Xモンスターの展開」が可能となる。【クリフォート】最強のペンデュラム布陣と言っても過言ではない。
とは言え単体だとステータスの低いPモンスターに過ぎないので投入枚数には注意。幸いツールと同じく《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》対応なのでアクセス自体は楽ちん。ピン差しがトレンドみたいですね。


★【クリフォート】で遊ぼう
まずはともかくツールをサーチし、効果発動。サクリフォートやゲノム&アーカイブを駆使しアドを稼ぎながら妥協召喚でビートダウン。隙を見てP召喚からのディスクかシェルで大ダメージを叩き出す、というのが基本的な流れ。
《召喚士のスキル》やペンデュラムドラゴンの存在もあり、ツールへのアクセスは1~2ターン目までにはだいたいできる。サポートもテーマ内外合わせてかなり豊富なので、今のところはだいぶ余裕のある戦い方ができると言ってよいです。
弱点はやはり序盤でツールに除去を集中されること。本当に心臓なので割られるとあっという間に死にます。


★まとめ
【シャドール】【テラナイト】に比べ、相手にあまり依存せずさっさと高打点+大量展開でキルしてくるテーマという印象。このテーマの登場もあり【シャドール】なんかは高速化が進んでいますね。
P召喚という従来と全く異なる方向からプレッシャーをかけてくるため、トーナメントデッキは【シャドール】と【クリフォート】の板挟みに置かれているという状況。メインデッキからどちらかを意識し、サイドで苦手な方を対策するというのがしばらくは基本になりそうです。
スポンサーサイト

デッキ考察6 【光天使テラナイト】

前【テラナイト】を取り扱った際に、「派生デッキが出てくると面白いなぁ」って話をちょっとしたのですが、出てきましたね。地味に嬉しいです。嬉しいのでチェックしてみます。


★カード
《光天使セプター》
召喚・特殊召喚で光天使をサーチできる。純【光天使】ではデッキの光天使の比率を多くするために大量の光天使が駆り出されるが、【光天使テラナイト】ではだいたいセプター&スローネのセットのみが採用されるため、スローネサーチが基本。
特殊召喚にも対応しているのでテラナイト軍団とは《リビングデッドの呼び声》を共有できるが、チェーン2で特殊召喚するとタイミングを逃す。同じパックの《星因士 デネブ》は逃さないがこいつと《電池メン-角型》は逃す。これが調整か!テーマ格差か!
しかし、このサーチ効果だけでも十分強い上に、3体以上を素材とするXモンスターの素材に使うことで1枚破壊と1枚ドローが付いてくる。《氷結界の龍 トリシューラ》並のリターンかも。X召喚の筆頭はもちろん《星輝士 デルタテロス》と《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》。

《光天使スローネ》
光天使限定の《カゲトガゲ》みたいなモンスター。ドローがおまけで付いてくる代わりに、X召喚できるのは素材3体以上のXモンスターのみ。
セプターからスローネをサーチしてそのスローネを特殊召喚、はもちろんできないが、セプター・スローネAが既に手札にある状態なら「セプター召喚効果(スローネBサーチ)チェーンスローネA特殊召喚、効果処理後スローネB特殊召喚」という動きが可能。

《ソウル・チャージ》
本家【テラナイト】でもなかなかの使用率を誇るが、【光天使テラナイト】の場合セプターからデルタテロスに繋げれば相手の場にもかなり干渉できるので更に使い勝手が良い。
一発通すだけでかなり有利になるのはもちろん、純に比べ蘇生する量があまりかさまないのも高ポイント。


★【光天使テラナイト】で遊ぼう
ぶっちゃけるとテーマ間のシナジーはデルタテロスと各種蘇生カードくらいしかないので、状況によってセプタースローネとデネブアルタイルの動きを選択するのが基本になる。枠をいくつか光天使に割くため、《星因士 ベガ》などの採用枚数は少なめ。
セプタースローネの2枚からデルタテロスに繋げる場合、アドバンテージはスローネスローネの2枚、デルタ着地時セプター効果の2枚、デルタ効果でさらに1枚、と莫大な量が稼げる。蘇生カードを利用してこれを狙おう。デルタの後続まで考えると更にアドバンテージは広がる。
展開力特化の【テラナイト】ということで、刺さるメタもだいたい同じ。光天使分のおかげで次元は若干かわせるが、《増殖するG》はますます苦手になった。ゲームを決められない場合は無理をしないほうが無難。


★まとめ
優秀な結果を残した主な複合テーマデッキとしては、起点を《TG ストライカー》に置き、展開を《創造の代行者 ヴィーナス》に任せる【TG代行】、ビートダウンを先史遺産で行い、防御をアーティファクトで行う【AF先史遺産】などなど。
この【光天使テラナイト】はカードパワーの高い奴らを更にカードパワーの高い奴らでまとめるというかなり力押しデッキな印象です。カレーにとんかつを乗っけたら美味しいのは当たり前なわけで、現に環境では純【テラナイト】にじわじわ迫っていますね。
とは言え7月パックでは更なるテラナイト強化が確定しており、今後は純もかなり巻き返してきそうな予感がします。私個人としては複合デッキのほうが好きなんでこっちに頑張ってほしいですねー。

デッキ考察5 【電池メン】

化されたこともあり、最近けっこう見るようになってきたデッキ。
派手なデッキのイメージがありましたが、意外と堅実な戦い方をする様子。
もともとよく知らないデッキなので、この機にちょっくら見てみます。


★カード(カテゴリ)
《電池メン-角型》
4月のパックで追加されたニューフェイス。《星因士 デネブ》と《紋章獣レオ》を足して2で割ったような感じ。
特殊召喚にも対応しているため、奇襲性が高く後続も繋げやすい。単体でアタッカーとして活用できるのも高ポイント。

《充電池メン》
なにかとアツい光属性レベル5。上級モンスターながらもリクルート効果を持つので一気に攻め込める。
打点はだいたい2400か2700が基本。環境的にはちょっと中途半端?

《燃料電池メン》
電池メン版《XX-セイバー フォルトロール》。もともと大量展開を得意とするテーマなうえ、充電池→角型→燃料と繋げることで一気にライフを削り取れる。一応これが今の基本戦術っぽい。
強力には強力だが、並ぶレベルが4・5・6なのでXモンスターはちょっと立てにくかったりする。
除去効果は電池メン1体リリースで1枚バウンス。ちょっと割に合わない感もあるが、エクストラから出てくる連中はだいたい処理できる。もちろんキル補助として考えれば十分すぎる性能。

《電池メン-ボタン型》
アドバンテージを失いにくいリバースモンスター。ちょっとシャドールっぽい?
とりあえずセットしておいて殴られれば角型に繋いで電池メン+カード1枚が手に入る。強い。
ただしあまりモンスターセットをしないデッキなので置いた時点でまず警戒される。

《電池メン-業務用》
切り札的ポジション。角型からサーチが利くようになったので1枚差しとくだけでも十分活躍できる。2枚抜きの除去能力は折り紙付き。

《充電器》
古参のサポートカード。書いてあることは強いのだが、蘇生して強い奴が意外と角型くらいしかいなかったりする。
安定性を取るのなら少なめの投入もあり。型によってフル投入かそうでないかの差が激しいので、使う場合はデッキタイプと相談しましょう。

《携帯型バッテリー》
これまた「書いてあることは強いんだけど…」というカード。
S召喚のギミックはちょっと取り入れにくいので、即座に墓地に送って即座に蘇生できる《ガトムズの緊急指令》のように使えるかというと微妙なところ。


★カード(その他)
《帝王の烈旋》
上級の多いデッキなのでけっこう採用されている模様。【シャドール】でも《邪帝ガイウス》なんかとセットで使われてたりするので、もともとこのカードのパワーが強力ってことですね。
エクストラにもあまり依存しないデッキなので、厄介な誘発即時効果持ちを処理して展開を通せるのは魅力。

《アーティファクトの神智》
こちらもパワーカード。とは言っても、光属性レベル5が自然に入るデッキなうえ、相手ターンの妨害もあんまり得意なデッキではないため、有象無象のAF系デッキよりシナジーはある。
【先史遺産】並に相性が良いかと言われるとちょっと怪しいが、まぁ【ギャラクシー】くらいではあると思う。


★【電池メン】で遊ぼう
《サンダー・シーホース》の存在もあって、コンボパーツを集めるのはけっこう簡単。動きも大ざっぱなので《強欲で謙虚な壺》をフル投入とかしても問題ない。
適当に相手のリソースを削りながらパーツを温存し、最終的には充電池→角型→燃料からの6800ダメージを狙う。ダメージが既に入っていたりプラスアルファでダメージを入れられればキル成立。《冥府の使者ゴーズ》なんかの手札誘発にはちょっと弱いので注意。
相手ターンにおける妨害としては《セイクリッド・プレアデス》を置いたり、神智や《リビングデッドの呼び声》から《アーティファクト-モラルタ》を出すのがポピュラーだが、さんざん手垢の付いた戦術なのでそこまで拘束力はないと思われる。返しの1キルに焦点を絞り《増殖するG》を搭載するのもありかも?
コンボパーツの少ないデッキなので構築の幅は広め。ここら辺は古参デッキならではですね。AFや《ライオウ》を採用してメタビート型にするも良し、《電池メン-単三型》を中心に据えて《成金ゴブリン》も視野に入れたオーバーキルな型なんかも面白そう。
ここではあんまり紹介できませんでしたが、カジュアル・デュエルの環境でもかなりの人気を誇るデッキなので、そういった点から見ると更にバリエーション豊富なデッキだと思われます。《超電磁稼働ボルテック・ドラゴン》なんかもいるしね。


★まとめ
返しが強く、返しに弱いデッキという印象。
【六武衆】【Xセイバー】のように大量展開できる上、除去能力も有しているが、ドローソースやリカバリーに乏しいため一撃で決められないとあっさり場を返される。
「基本戦術の過程でエクストラを使用しない」という点はメリットでもあり、デメリットでもありますね。
幅が広く奇襲性も高いデッキなので、相手にする場合は動きを知らないとあっという間に8000削られてしまうかも?

デッキ考察4 【シャドール】

続企画のラストは【シャドール】。発売直後から《影依融合》の値段設定に多くのプレイヤーが絶望したのではないでしょうか(組まない人はパックから当てておいしいものでも食べたかも)。
現在最も注目度が高いデッキの一つなので、考察も緊張(?)します。


★カード
《シャドール・ファルコン》
蘇生効果持ち。ざっくり言うとアドを失いにくく場持ちが良いモンスター。リバース効果で《シャドール・ドラゴン》《シャドール・リザード》を蘇生させておくと、返しのターンが楽になる。
地味に初のリバース・チューナーだが、場にそのまま放置しておくだけでも十分強いのでS召喚の頻度はあんまり高くない。

《シャドール・ヘッジホッグ》
こっちはサーチ効果持ち。墓地に落とすと墓地落としが誘発する《シャドール・リザード》と組んでサーチの「中継地点」になれる。【先史遺産】で言うところの《先史遺産クリスタル・スカル》ですね。
リバース効果では魔法罠のサーチが可能。影依融合はもちろん、《影依の原核》もサーチできる、と至れり尽くせりなのでほぼ3積み確定。

《シャドール・ビースト》
ヘッジホッグを《暗黒界の術師 スノウ》とするならば、こっちは《暗黒界の狩人 ブラウ》。効果は強力だが、上級なのでたまに腐る。とはいえ回転力のあるデッキなのでそこまで気にしなくてもいいかも。ぶん回しが好きな方は3積み推奨。

《エルシャドール・ミドラーシュ》
【シャドール】のエース。融合素材は全てシャドールでまかなえるので回収効果まで勘定すれば手札融合でも十分アドバンテージは回収できる。デッキ融合なら言わずもがな。
破壊耐性+特殊召喚制限はかなり強力。並のランク4デッキなんかならこれで詰むことも。流行りの《ブレイクスルー・スキル》には注意。

《エルシャドール・ネフィリム》
ミドラーシュと違い、素材の片方は外様から引っ張ってくる必要があるが、それでもアドバンテージの損失は手札融合でさえかなり少ない。《超融合》でいろいろなモンスターが食えるのも魅力。
打点が高く、フィニッシャーを務めることが多いのでこれもだいたい複数積みですね。融合素材は《アーティファクト-モラルタ》のほか《超電磁タートル》なんかが人気。お金……

《堕ち影の蠢き》
通常罠。シャドールを墓地へ送ったのち、場のシャドールを表にできる。
こうやって書くとなんだか地味で弱そうだが、実際はかなり小回りが利く。落とした時点でだいたいアドは回収できる上、ファルコンのリバースから蘇生したモンスターを即座に表にできたりもするのでなかなかに優秀。相手の裏側除去にチェーンすればかなりのアド差がつけられる。


★【シャドール】で遊ぼう
シャドールの発動条件がとにかく緩いので、いろんなデッキとのハイブリッドがある模様。【ライトロード】【魔導】と組み合わせた型は結構見ます。効果が被っているのでやろうと思えば【暗黒界】とかとも組めそう。
【シャドール】も【竜星】と同じく最初はセットエンドが多め。もっともこっちは《終末の騎士》からある程度積極的に動くことも可能。
先にシャドールのモンスターが見えた場合、相手は当然影依融合を警戒してS召喚やX召喚を渋ってくるわけですが、先ほど述べた通り手札融合でもアドは回収できるので、そこはあんまり問題ないです。さっさと手札融合してしまいましょう。融合さえできれば適当に下級をミドラーシュで屠って相手のリソースを引きずり出せます。
事故のパターンは先ほどタイプが似ていると話した【暗黒界】と同じような感じで、「墓地に送るカード」「墓地に送られるカード」のバランスが崩れることがたまにあります。回転力が高いので今はそこまで問題ないですが、今後暴れて規制がかかったりした場合ちょっと辛そうです。メタも結構いろんなのが刺さるので注意。


★まとめ
【先史遺産】のような回転力に、【征竜】のようなリカバリー能力……とまでは言いすぎでしょうか。まぁ実際のところは先史遺産ほど器用ではないし征竜ほどパワーも無いです。でも環境にはしっかり殴り込めてますね。今のままの環境で【AF先史遺産】が消えた場合、トップを取れるんじゃないでしょうか(あとは影依融合が安くなれば……)
今回考察したテーマの中では、触ってから最も印象が変わったテーマ。最初はヴェルズのような堅実なメタテーマかと思ってましたが、ぶん回しの側面も結構ありますね。今後もよく見ることになりそうです。

デッキ考察3 【竜星】

たな種族「幻竜族」を引っさげて登場したテーマ。召喚方法の中でも人気の高い「S召喚」のポジションを貰いましたが、今までのシンクロテーマとはちょっと違った戦法を執るのが特徴。


★カード
《炎竜星-シュンゲイ》☆4
打点が高いのでそのまま殴りに行ける。そういう意味では下級では最もプレッシャーをかけられる竜星モンスター。受動的な効果の竜星においてこういう打点要員は嬉しい。
S召喚の際の追加効果はパンプアップ。ちょっと地味だが、これが強いのは《ヴァイロン・プリズム》で実証済み。

《地竜星-ヘイカン》☆3
こちらもアタッカーの竜星。1600とちょっと心もとないが、殴りに行けるモンスターとしてはまぁ及第点。
シュンゲイ同様、S素材としてのステータスはかなり優秀。《カメンレオン》からは《月華竜 ブラック・ローズ》が出る。
おまけ効果は戦闘破壊耐性。竜星共通のフォーミュラ効果とも相性は良い。最大限に活かすならやっぱり《神樹の守護獣-牙王》か。

《水竜星-ビシキ》☆2
壁用の竜星その①。アタッカーの竜星がカメンレオンに対応しているのに対し、こちらは《デブリ・ドラゴン》対応。今のところ種族サポートは皆無に等しいので、こういう面では抜かりなく優遇されている。
おまけ効果は罠カードへの耐性。多くのSモンスターを悩ませる《強制脱出装置》への耐性が付くのは圧巻。

《風竜星-ホロウ》☆1
壁用の竜星その②。S素材用としてはレベルが低くちょっと使いにくい。無理して投入するほどのスペックではないが、レベル合わせのためにちょいちょい必要になることもあるかも。
おまけ効果は魔法耐性。これもちょっとイマイチだが、流行りの「禁じられた」シリーズに耐性を持てるのであって損はない。

《光竜星-リフン》☆1
竜星チューナー。優秀な再生効果に加え、リクルートもかなり自由が利く。
その分当然ながら同名ターン1制限があり、場から離れると除外される。蘇生効果の使用タイミングは重要。ちなみに《虹クリボー》よろしくランク1の素材にすれば再利用も可能。

《輝竜星-ショウフク》☆8
専用Sモンスター。誘発で強力なデッキバウンス効果が発動し、竜星の展開をサポートできる蘇生効果も持っている。ステータスは一見貧弱だが、S素材の追加効果が付くため、一応テキストよりは強くなる。
うまく維持すれば展開エンジンになれるので、カメンレオン+シュンゲイでさっさとS召喚してしまうのが一番良いかも。これだけでも2800打点にはなる。


★【竜星】で遊ぼう
まずは竜星セットからスタート。これはどんなに良い手札でもあんまり変わらない。積極的に動けるデッキではないので、先攻を取って場を固めた方が良いかも。
《激流葬》は除去札にも展開札にもなるので非常に強力。個人的には《つり天井》とかまで採用しても良いと思う。
リクルートでリフンを呼んできて、場が整ってきたらいよいよシンクロ、といきたいとこですが、このデッキの場合S召喚しないほうが強いことも多々あるので無理しなくても良いかも。もちろん、カメンレオンやショウフクを使うことでそこら辺はある程度カバーできる。
ビートダウン相手からすれば常に《補給部隊》を貼られてるようなもんなので、ハマればシュンゲイで殴ってるだけでも結構勝てる。逆に《深淵に潜む者》《鳥銃士カステル》なんかには注意。よく刺さる上、いろんなデッキから出てくる。


★まとめ
最初は【TG】みたいなものかと思っていましたが、実際はもっと厄介な感じ。その代わり展開力はあんまりないですね。TG出張コンビは偉大でした。
デッキがバレた場合、相手もセットエンドで対抗してくることがよくあるので場が膠着しやすいかも。例によって「動くターン」「動かないターン」がはっきりしているデッキですが、フォーミュラ効果のおかげでそこは割とごまかせます。あと除外にはひたすら弱いのでマッチ戦は注意。
プロフィール

pinkiri

Author:pinkiri
デュエル動画とかにもたまに出てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。