FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カード考察20 《DDD怒濤王シーザー》

DD怒濤王シーザー
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/悪魔族/攻2400/守1200
悪魔族レベル4モンスター×2
「DDD怒濤王シーザー」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このターンに破壊されたモンスターをバトルフェイズ終了時に、
自分の墓地から可能な限り特殊召喚する。
次のスタンバイフェイズに自分は
この効果で特殊召喚したモンスターの数×1000ダメージを受ける。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「契約書」カード1枚を手札に加える。

融合・シンクロ・エクシーズ、そしてペンデュラムまでも使うことができる【DD】のエクシーズ担当。ビジュアルに水要素はないけど水属性。


★ステータス・効果
>悪魔族レベル4モンスター×2

実はこの縛りはXモンスター初だが、悪魔族には《カゲトカゲ》のようなエクシーズ補助モンスターがあまり存在しないため、並べるにはひと工夫が必要。
カテゴリで4×2を楽に置けそうなのは【暗黒界】【インフェルニティ】など。もちろん【DD】ならもっと楽。


>(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
>このターンに破壊されたモンスターをバトルフェイズ終了時に、
>自分の墓地から可能な限り特殊召喚する。
>次のスタンバイフェイズに自分は
この効果で特殊召喚したモンスターの数×1000ダメージを受ける。
>この効果は相手ターンでも発動できる。

破壊されたモンスターをまとめて蘇生できる効果。ちょっと分かりにくい効果なので裁定の詳細をまとめてみる。

①破壊されていなくても発動自体はできる(空撃ちができる)
②自身が破壊された場合も自身ごと蘇生できる
③蘇生したモンスターがスタンバイフェイズに存在していなくても蘇生した数のダメージを受ける

こうして書くとなかなか強力だということが分かります。チェーンブロックを作るのはX素材を使って効果を発動するときだけなので、蘇生やダメージの効果が処理される際にモンスター達が何処にいるかは関係ない、ということですね。MTGの能力「再生」がイメージ近いです。
とりあえず素材を落とすこともできるし、相手の除去を見てから効果を発動することもできるので、見た目以上に小回りが利く効果。


>(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
>デッキから「契約書」カード1枚を手札に加える。

自身も蘇生できるということだが、Xモンスターにありがちな蘇生後に手持ち無沙汰になるという事態が起こりにくい。
サーチ可能なのはDDサーチの《地獄門の契約書》、融合の《魔神王の契約書》、除去とパンプアップの《戦乙女の契約書》の三つ。この中だと魔神王が一番使われなさそうに見えるが、「シーザーが破壊される=素材は墓地に行く」なのでこちらもなんだかんだで使いやすい。主な融合先の《DDD烈火王テムジン》もかなり優秀。


★相性良さげなカード
《月華竜 ブラック・ローズ》
「破壊耐性付与」ではなく、「破壊されたモンスターを特殊召喚する」という形で場を守れるので、こういった特殊召喚時に効果を発動するモンスターとの相性は良い。
専用チューナー《DDナイト・ハウリング》の効果には悪魔縛りがあるが、チューナーとして縛りがある訳ではないので余裕があればシンクロ召喚を狙ってみても良いかも。
ちなみに本家《ブラック・ローズ・ドラゴン》との相性も良好。ライフコストこそかさむが、全体除去をかました上で自分のモンスターを全て蘇生できる。

《インフェルニティ・デーモン》
インフェルニティ自体、とにかく展開に展開を重ねるデッキなので、布陣が突破された際の保険として活躍が期待できる。何を蘇生しても結構強いというのも嬉しい。
ただしライフコストがかなり足を引っ張る。《ソウル・チャージ》も《ヒーローアライブ》も別にこのテーマのカードではないのですが、いつの間にかずいぶんライフコストがかさむデッキになってしまいましたねー。

《魂の一撃》
ライフコストはメリットです!
大量蘇生からのワンショットキルを狙う。蘇生効果は結構シャレにならないダメージ量なので、何らかのダメージやライフ差を発動トリガーとするカードとのシナジーを狙ってみるのも面白そう。


★まとめ
タイムラグこそあるがモンスター全体を守ることができる《閃こう竜 スターダスト》のような感じ。これまでにない効果ですが、婉曲的な破壊耐性として今後のスタンダードになったりするんでしょうか?
DDのメインアタッカーになり得るとして期待されている《DDD反骨王レオニダス》との相性も抜群なので、これからの評価にも注目したいところ。
スポンサーサイト

カード考察19 《神の忠告》

の忠告
カウンター罠
(1):自分の魔法&罠ゾーンにセットされているカードがこのカードのみの場合、
3000LPを払って発動できる。
●モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にして破壊する。
●自分または相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。
それを無効にし、そのモンスターを破壊する。

カウンター罠のなが~い歴史の中で、規制経験があるのは《神の宣告》《神の警告》のみ。「いつでも撃てる最強のカウンター罠」と「スペルスピード最速の除去罠」という凄まじいコンビです。
「禁じられた」シリーズもそうですが、こういうブランド物はレビュアーの心をくすぐるカードですね。


★効果
>(1):自分の魔法&罠ゾーンにセットされているカードがこのカードのみの場合、
>3000LPを払って発動できる。

まずライフコスト以前に発動条件が存在する。ガバッと伏せて《大嵐》をカウンターする、という神の宣告のような芸当ができないので、「順番に発動して最後に忠告を残す」か「忠告だけ伏せる」という使い方が基本になりそう。
ライフコストは高めの3000。これはコスト付きカード全体で見てもかなり厳しく、単純計算では3枚積むと3枚目のコストが払えなくなる。おそらくここが最も評価の分かれる部分だと思われます。
しかしこれをシナジー無しで採用するようなデッキはもともと罠少なめの構築になりそうなので、スピードのあるデッキなら早く引きこむために3積みもアリだと思います。かなり大胆な構築だとは思いますが。


>●モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
>その発動を無効にして破壊する。
>●自分または相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。
>それを無効にし、そのモンスターを破壊する。

神の宣告の効果に《天罰》がプラスされる。だいたいヤバそうな効果モンスターは召喚の時点で潰されるのであまりありがたみは無さそうだが、こちらから殴りに行く際に《速攻のかかし》などの手札誘発を潰せるのは嬉しい。
これまでちょっと対処しにくかった《水精鱗-メガロアビス》のようなチェーンに乗る形で登場するモンスターも問題なく止めることができる。


★相性良さげなカード
《積み上げる幸福》
ほぼ全てがフリーチェーンで構成されているチェーン系デッキは前述の「順番に発動して最後に忠告を残す」という戦術をとりやすい。ただし今のところそこまでカウンター不足というわけでもないので、採用されるかどうかは微妙。
ちなみに、こちらから【活路エクゾ】などのチェーン系特殊勝利デッキを相手にする場合はライフコストの心配がないためかなり強気に使っていける。手札誘発も潰せるので良い感じ。

《アトラの蟲惑魔》
発動条件のウラをかいて使う形になる。強力で戦術としても結構面白そうなので個人的には注目中。
読まれやすいため中心にして組む場合は落とし穴にバリエーションを用意しておくと良いかも。


★まとめ
高騰した《デモンズ・チェーン》《ブレイクスルー・スキル》の前例もあり、こういうスーパーレアの汎用罠の話題になるとなんとなくピリピリした雰囲気が漂いますが、ライフコストの性質上あまり爆発的な流行や高騰というのは無さそうです。現在は《ソウル・チャージ》も流行ってますしね。
でも単体としてのカードパワーは尋常じゃないくらい高いので、採用するデッキ自体はそのうち登場すると思いますよ。

カード考察18 《轟雷帝ザボルグ》

雷帝ザボルグ
効果モンスター
星8/光属性/雷族/攻2800/守1000
このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合、
フィールドのモンスター1体を対象として発動する。
そのモンスターを破壊する。
破壊したモンスターが光属性だった場合、
その元々のレベルまたはランクの数だけ、
お互いはそれぞれ自分のエクストラデッキからカードを選んで墓地へ送る。
このカードが光属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、
その時の効果に以下の効果を加える。
●墓地へ送る相手のカードは自分が選ぶ。

きみ世界大会のプロモにいたよね?
地→水→炎→風、と来て光属性担当のザボルグがメガになって登場。次のパックはとんでもない化け物が来るのでしょうか……


★ステータス・効果
>このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
>(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合、
>フィールドのモンスター1体を対象として発動する。
>そのモンスターを破壊する。
>破壊したモンスターが光属性だった場合、
>その元々のレベルまたはランクの数だけ、
>お互いはそれぞれ自分のエクストラデッキからカードを選んで墓地へ送る。

メガ帝のテンプレートは「進化前のグレードアップ効果+属性リリースの追加効果」だったが、こちらはまず破壊したモンスターの属性を参照する。さらにさらにその効果はなんとエクストラデッキの破壊。進化前共々いろいろとイレギュラーだ。
そしてこいつ自身は光属性のレベル8。テキストで暗に自爆が推奨されているのは若干のネタ臭がするが、エクストラに戦力を依存しているデッキが多いのも事実であり、その半分を削りとれるのはかなり強力。《貪欲な壺》を撃たれたら静かに泣きましょう。


>このカードが光属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、
>その時の効果に以下の効果を加える。
>●墓地へ送る相手のカードは自分が選ぶ。

長い効果なので途中で切りましたが、相手の戦力をボロボロにするという点を重視するならやはりこちらと合わせて使うことになるでしょう。
要約すると「光属性を含む2体をリリースし、自身を破壊する」というのが轟雷帝の基本的な使い方になりそう。
書き出すとちょっと難しめに見えてくるが、リターンがでかい上に様々なコンボに繋がるので狙う価値は十分ある。


★相性良さげなカード
《ミラクルシンクロフュージョン》
お互いに墓地へ送るということで、相手のエクストラ破壊という以上にこちらの墓地肥やしができる。融合筆頭はやはり《ナチュル・エクストリオ》か。
もちろん墓地融合ならなんでも良いので、《ダーク・コーリング》を使い《ナチュル・ガイアストライオ》+《No.85 クレイジー・ボックス》で6200の《E-HERO ダーク・ガイア》を出したりと夢は広がる。
この場合の難点はやはりエクストラ枠。エクストラで素材を賄いエクストラで戦うため、カツカツどころではない構築を強いられる。「一応出る」くらいのモンスターは切っていいかも。

《甲虫装機 エクサビートル》
融合モンスターには高攻撃力がゴロゴロいるのでかなりのパンプアップが望める。とりあえず《究極竜騎士》《F・G・D》を装備すれば3500。《E・HERO アブソルートZero》などのフィールドを離れたときに効果が発動するモンスターを利用するのもなかなか面白そう。
レベル6に光属性の聖刻龍がいるのもザボルグ的には心強い。


★まとめ
進化前は類似かつ上位の効果が大量に出てきたため、しばらく不遇の扱いをされていたが、上位種となって全く異なる方向からアプローチをしてきたモンスター。カジュアルプレイヤーの注目度も高く、結果的には成功といえるのではないでしょうか。
《レスキューラット》などはその効果の複雑さからなかなか評価が定まっていない感じもありますが、Pモンスターの登場でエクストラデッキのカードを墓地へ送ったり、手札に加えたりする戦術もこれから増えてきそうですね。
プロフィール

pinkiri

Author:pinkiri
デュエル動画とかにもたまに出てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。