FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキ考察5 【電池メン】

化されたこともあり、最近けっこう見るようになってきたデッキ。
派手なデッキのイメージがありましたが、意外と堅実な戦い方をする様子。
もともとよく知らないデッキなので、この機にちょっくら見てみます。


★カード(カテゴリ)
《電池メン-角型》
4月のパックで追加されたニューフェイス。《星因士 デネブ》と《紋章獣レオ》を足して2で割ったような感じ。
特殊召喚にも対応しているため、奇襲性が高く後続も繋げやすい。単体でアタッカーとして活用できるのも高ポイント。

《充電池メン》
なにかとアツい光属性レベル5。上級モンスターながらもリクルート効果を持つので一気に攻め込める。
打点はだいたい2400か2700が基本。環境的にはちょっと中途半端?

《燃料電池メン》
電池メン版《XX-セイバー フォルトロール》。もともと大量展開を得意とするテーマなうえ、充電池→角型→燃料と繋げることで一気にライフを削り取れる。一応これが今の基本戦術っぽい。
強力には強力だが、並ぶレベルが4・5・6なのでXモンスターはちょっと立てにくかったりする。
除去効果は電池メン1体リリースで1枚バウンス。ちょっと割に合わない感もあるが、エクストラから出てくる連中はだいたい処理できる。もちろんキル補助として考えれば十分すぎる性能。

《電池メン-ボタン型》
アドバンテージを失いにくいリバースモンスター。ちょっとシャドールっぽい?
とりあえずセットしておいて殴られれば角型に繋いで電池メン+カード1枚が手に入る。強い。
ただしあまりモンスターセットをしないデッキなので置いた時点でまず警戒される。

《電池メン-業務用》
切り札的ポジション。角型からサーチが利くようになったので1枚差しとくだけでも十分活躍できる。2枚抜きの除去能力は折り紙付き。

《充電器》
古参のサポートカード。書いてあることは強いのだが、蘇生して強い奴が意外と角型くらいしかいなかったりする。
安定性を取るのなら少なめの投入もあり。型によってフル投入かそうでないかの差が激しいので、使う場合はデッキタイプと相談しましょう。

《携帯型バッテリー》
これまた「書いてあることは強いんだけど…」というカード。
S召喚のギミックはちょっと取り入れにくいので、即座に墓地に送って即座に蘇生できる《ガトムズの緊急指令》のように使えるかというと微妙なところ。


★カード(その他)
《帝王の烈旋》
上級の多いデッキなのでけっこう採用されている模様。【シャドール】でも《邪帝ガイウス》なんかとセットで使われてたりするので、もともとこのカードのパワーが強力ってことですね。
エクストラにもあまり依存しないデッキなので、厄介な誘発即時効果持ちを処理して展開を通せるのは魅力。

《アーティファクトの神智》
こちらもパワーカード。とは言っても、光属性レベル5が自然に入るデッキなうえ、相手ターンの妨害もあんまり得意なデッキではないため、有象無象のAF系デッキよりシナジーはある。
【先史遺産】並に相性が良いかと言われるとちょっと怪しいが、まぁ【ギャラクシー】くらいではあると思う。


★【電池メン】で遊ぼう
《サンダー・シーホース》の存在もあって、コンボパーツを集めるのはけっこう簡単。動きも大ざっぱなので《強欲で謙虚な壺》をフル投入とかしても問題ない。
適当に相手のリソースを削りながらパーツを温存し、最終的には充電池→角型→燃料からの6800ダメージを狙う。ダメージが既に入っていたりプラスアルファでダメージを入れられればキル成立。《冥府の使者ゴーズ》なんかの手札誘発にはちょっと弱いので注意。
相手ターンにおける妨害としては《セイクリッド・プレアデス》を置いたり、神智や《リビングデッドの呼び声》から《アーティファクト-モラルタ》を出すのがポピュラーだが、さんざん手垢の付いた戦術なのでそこまで拘束力はないと思われる。返しの1キルに焦点を絞り《増殖するG》を搭載するのもありかも?
コンボパーツの少ないデッキなので構築の幅は広め。ここら辺は古参デッキならではですね。AFや《ライオウ》を採用してメタビート型にするも良し、《電池メン-単三型》を中心に据えて《成金ゴブリン》も視野に入れたオーバーキルな型なんかも面白そう。
ここではあんまり紹介できませんでしたが、カジュアル・デュエルの環境でもかなりの人気を誇るデッキなので、そういった点から見ると更にバリエーション豊富なデッキだと思われます。《超電磁稼働ボルテック・ドラゴン》なんかもいるしね。


★まとめ
返しが強く、返しに弱いデッキという印象。
【六武衆】【Xセイバー】のように大量展開できる上、除去能力も有しているが、ドローソースやリカバリーに乏しいため一撃で決められないとあっさり場を返される。
「基本戦術の過程でエクストラを使用しない」という点はメリットでもあり、デメリットでもありますね。
幅が広く奇襲性も高いデッキなので、相手にする場合は動きを知らないとあっという間に8000削られてしまうかも?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pinkiri

Author:pinkiri
デュエル動画とかにもたまに出てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。