FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カード考察1 《暗遷士 カンゴルゴーム》

ードのレビューというより、自分のメモ帳に近いかもしれない。
そんな感じで1枚目。最初ということで景気づけに最新パックから。


暗遷士 カンゴルゴーム
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/岩石族/攻2450/守1950
レベル4モンスター×2
フィールド上のカード1枚を対象にする魔法・罠・効果モンスターの効果が発動した時、
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
その対象を自分・相手フィールド上の正しい対象となる別のカードに移し替える。

※テキストは遊戯王カードWikiより引用しております。

 前回パックに引き続き汎用性の高そうな縛り無しランク4。ビジュアルはなかなかクール。
今後もDT組は通常パックで推していくんでしょうか。まぁセイクリッドもヴェルズも人気ありましたからね。


★ステータス・効果
>フィールド上のカード1枚を対象にする魔法・罠・効果モンスターの効果が発動した時、
>このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
>その対象を自分・相手フィールド上の正しい対象となる別のカードに移し替える。

 ちょっと珍しい効果。類似効果には《天使の手鏡》などの鏡シリーズや、《シフトチェンジ》などがありますが、どちらもふる~いカードなため、テキストを見て「?」と思った方も結構いるのでは?
 効果自体は前に挙げたカード達より範囲が広く、正しい対象であればフィールド上のあらゆるカードに干渉することが可能。さらに何気に1ターンに何回でも発動可能。しかしこの「正しい対象」が意外とややこしく、例えば《No.101 S・H・Ark Knight》の吸収効果に対応してカンゴルゴームの効果を使用する場合、「自分フィールド上」に「表側攻撃表示」で「特殊召喚された」モンスターが存在していないと発動できない。こんなふうに地味な使いにくさが目立つが、相手の場に他の表側のカードがあれば守備表示の《閃珖竜 スターダスト》を処理できたりなんかするのは他の縛り無し4×2にはできない芸当。
 ステータスはランク4としては高めの2450。効果重視の傾向が強くなってきたランク4エクシーズ。最近エクストラデッキから泣く泣く《ジェムナイト・パール》や《No.39 希望皇ホープ》などを抜いてしまった方もいるでしょう。属性・種族もけっこう恵まれており、《魔のデッキ破壊ウイルス》に対応なのが嬉しい(あと50!)。ランク4軸で《No.85 クレイジー・ボックス》なんかを使って《ダーク・フュージョン》から《E-HERO ダーク・ガイア》を狙うデッキを組んでいる方なんかには前述のパールとご一緒にどうぞ。


★相性良さげなカード
《マシンナーズ・フォートレス》
 変なことやったらハンデスすっからな!と脅しをかけられる。カンゴルゴームは性質上隣にモンスターがいるとなかなか面倒くさいモンスターと化すので、特殊召喚モンスターとの相性は良いですね。

《トリオンの蟲惑魔》
 《カゲトカゲ》なんかと組み合わせてカンゴルゴームを立てて伏せ2枚ターンエンド、とかやればとりあえず《サイクロン》から《奈落の落とし穴》は守れる。相手の場に伏せがあれば尚良し。

正直コンボ向けのカードではなさそうな気がするのであまり書くことがない


★まとめ
 やはり真価を発揮するのは「相手・自分どちらのカードも対象に取れる」カードを相手にしたときでしょう。要するに《強制脱出装置》であり、《セイクリッド・プレアデス》ですね。特にプレアデスに対しては滅法強く、カンゴルゴームを出した時点でほぼ機能停止にまで追い込めます。打点は負けてますが。そこらへんをカバーできる特殊召喚モンスターはやはり良き相方ですね。レベルは噛み合いませんが、【アーティファクト】においてはサポートにもメタにもなりえる面白い立ち位置。
 前身の《励輝士 ヴェルズビュート》に比べるとストレートな強さはありませんが、出てきたら出てきたで地味~な面倒くささを持つエクシーズモンスター。プライマルオリジン出身のランク4はそういう奴けっこう多いかも。今までは脱出装置を使用する場合、「2体レベル4並んだけど、まぁ撃つのは何出てくるか見てからでもいいか」みたいなプレイングもよくありましたが、こいつが警戒され出したら2体並んだ時点で撃たれる可能性も大いにありますね。妙なタイミングで相手に選択を迫れるわけで、そうなったらこちらとしてはなかなか儲けもの。
 ランク4ということでライバルは多いですが、エクストラのスペースに滑り込めるスペックは持っていると感じます。あとはメタゲーム次第ですね。そこら辺は《No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ》や《No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク》も同じでしょう。今後の活躍に期待。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pinkiri

Author:pinkiri
デュエル動画とかにもたまに出てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。