FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カード考察13 《マスマティシャン》

スマティシャン/Mathematician
効果モンスター
星3/地属性/魔法使い族/攻1500/守 500
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキからレベル4以下のモンスター1体を墓地へ送る。
(2):このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

数学は得意ですか?
カードゲームをやっていると、なにかと計算や確率の問題が登場しますね。
マジック・ザ・ギャザリングでは、世界大会でマナ計算を間違えたプレイヤーがいたとかいないとか。


★ステータス・効果
>このカードが召喚に成功した時に発動できる。
>デッキからレベル4以下のモンスター1体を墓地へ送る。

各属性に配った《終末の騎士》の亜種には、みみっちい発動条件のものも多かったのですが、ここに来て突如気前の良いモンスターが登場。インフレを感じます。
落として美味しいカードは枚挙にいとまが無いが、特に《ダンディライオン》をはじめとする下級植物軍団がピンポイントで落とせるようになったのはシンクロデッキには朗報。
ちなみに終末の騎士と比べた場合、マスマティシャンは特殊召喚に対応していないため、《リビングデッドの呼び声》で蘇生し効果を使い回す、なんてことができない。ついでにレベル3なので《ラヴァルバル・チェイン》などのコンボパーツにも繋げられない。しかし……

>このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
>自分はデッキから1枚ドローする。

おまけとしては破格の1ドロー効果。落としたいものを落とした後もアドバンテージを失いにくい。
さらに一応殴れる打点な上、素材としてもけっこう融通が利くレベルなので、相手側としては放置すると地味にめんどくさいモンスターと化すジレンマ。序盤にはうってつけのカードでしょうね。
こうなると《カードガンナー》と比べたくなるのが人の性ですが、現在あちらは質より量・効果より打点の【征竜】【ライトロード】などで活躍しているため、住み分けはできている様子。


★相性良さげなカード
《強化蘇生》
前述した通りリビングデッドとの相性は微妙だが、完全蘇生のこっちなら相性は良好。レベルや打点が上昇するのもうれしい。

《ライトロード・アーチャー フェリス》
マスマティシャン1枚からシンクロができる!ということで、情報が出た当時から話題になっていたカード。
シンクロ先は《月華竜 ブラック・ローズ》のほか、魔法使い縛りの《アーカナイト・マジシャン》もいる。
とはいえクセの強いカードなので、使う場合はアクセント程度の投入がいいかも。

《発条空母ゼンマイティ》
レベル3+マスマティシャンでX召喚し、《ゼンマイネズミ》から好きなゼンマイを展開できる。
最近の【ゼンマイ】は適当に展開しながらスキを見てランク4を並べる、という戦法が主流なので今のところマスマティシャンにお呼びがかかるかどうかは微妙だが、レベル3をひたすら展開する【ゼンマイハンデス】のようなタイプが復活すれば採用もあるかも。
もっとも今後の制限で《ゼンマイハンター》が帰ってくるかどうかは別の話ですが……


★まとめ
コンボ性とスピードを引き換えにして、強力な安定性を手に入れた新しい墓地肥やしモンスター。
小回りが利き、痒い所に手が届くという、まさにカジュアル・デュエルのプレイヤーが求めていたカードではあるのですが、需要が殺到しているため現在値段は高め。チェインに似たものを感じますね。
一方のトーナメント環境では終末にカードガンナー、さらに《クリバンデット》と強力なライバルがいるため、今のところ目立った活躍はしていない様子。意外と買うなら今だったり?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pinkiri

Author:pinkiri
デュエル動画とかにもたまに出てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。