FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキ考察7 【クリフォート】

から始まった新環境では【シャドール】【テラナイト】が大暴れ。どうしたペンデュラム召喚!と言われていたが、夏のパックで満を持してPテーマが登場。
膨大な効果とP召喚という新しいギミックのせいで複雑なテーマというイメージもあるかもしれませんが、その実体はかなり大ざっぱ。ある意味遊戯王らしいデッキと言えると思います。


★カード
《クリフォート・ツール》
モンスターはもちろん、魔法罠もサーチできる【クリフォート】の心臓。シンプルかつ強力な効果なので特に語ることもないですが、【クリフォート】の規制は楽そうですね。

《クリフォート・アーカイブ》
貴重なスケール1。リリースされるとモンスターのバウンスができる。Sモンスター・Xモンスターの除去のほか、場に出ている《クリフォート・ディスク》を戻したりするプレイングも可能。
なにかと《クリフォート・ゲノム》とセットで語られるため個人的に【聖刻】の《聖刻龍-シユウドラゴン》《聖刻龍-ネフテドラゴン》とイメージがかぶる。

《クリフォート・ゲノム》
こちらはリリースされることで魔法罠が破壊できる。自分からはPゾーンのクリフォートや《スキルドレイン》などを割っていろいろと動きやすくすることも可能。
アーカイブ同様《機殻の生贄》を付けてビートダウンするだけでもかなり強い。

《クリフォート・ディスク》
キルマシーン①。デッキから2体までリクルートできるので、攻撃が全て通れば6400。
何らかの除去を当てられてもとりあえず後続としてエクストラにクリフォートを用意できるのでかなり優秀。共通耐性により《エフェクト・ヴェーラー》を撃たれないのも偉い。
機殻の生贄などと組み合わせ、2~3ターン目にこいつを出すのが【クリフォート】の基本戦術となる。ツールの対となるスケール1なのでそういう面でも何かと便利。

《クリフォート・シェル》
キルマシーン②。単体で5600ダメージを叩き出せる上、貫通のおまけ付き。《ダークネス・デストロイヤー》は実は優秀だった…?
ディスクと比較した場合、数を並べないことがメリットになり得る状況もしばしばあるため、こちらを優先するパターンもかなり存在する。

《アポクリフォート・キラー》
超強力な耐性を持ち、ひとたび登場すれば圧倒的なパワーでフィールドを支配できるが、警戒度もやたらに高いので《No.52 ダイヤモンド・クラブ・キング》で意外とあっさり突破されることも。
ディスク&シェルと比べると、やはりPモンスターではないのが足を引っ張る。リリース3体というのもオーバーキル気味。帯に短しタスキに長し…

《機殻の生贄》
一見地味に見えるが、実はかなりおかしな事が書いてあるカード。なんか【シャドール】の《墜ち影の蠢き》でも同じようなことを書いた気がする…
とりあえずサーチしてとりあえず付けておくだけでも打点+サーチ+ディスク&シェルのトリプルプレッシャーがかけられるのでかなり強力。
イメージとしては一通り展開したあとの【甲虫装機】で登場する《甲虫装機の魔剣 ゼクトキャリバー》に近い。

《EMトランポリンクス》
「クリフォー・トランポリンクス」と呼ばれているらしい(?)モンスター。
ツールとの相性が抜群で、ここが揃うと1ターンの動きで「2回サーチ+Xモンスターの展開」が可能となる。【クリフォート】最強のペンデュラム布陣と言っても過言ではない。
とは言え単体だとステータスの低いPモンスターに過ぎないので投入枚数には注意。幸いツールと同じく《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》対応なのでアクセス自体は楽ちん。ピン差しがトレンドみたいですね。


★【クリフォート】で遊ぼう
まずはともかくツールをサーチし、効果発動。サクリフォートやゲノム&アーカイブを駆使しアドを稼ぎながら妥協召喚でビートダウン。隙を見てP召喚からのディスクかシェルで大ダメージを叩き出す、というのが基本的な流れ。
《召喚士のスキル》やペンデュラムドラゴンの存在もあり、ツールへのアクセスは1~2ターン目までにはだいたいできる。サポートもテーマ内外合わせてかなり豊富なので、今のところはだいぶ余裕のある戦い方ができると言ってよいです。
弱点はやはり序盤でツールに除去を集中されること。本当に心臓なので割られるとあっという間に死にます。


★まとめ
【シャドール】【テラナイト】に比べ、相手にあまり依存せずさっさと高打点+大量展開でキルしてくるテーマという印象。このテーマの登場もあり【シャドール】なんかは高速化が進んでいますね。
P召喚という従来と全く異なる方向からプレッシャーをかけてくるため、トーナメントデッキは【シャドール】と【クリフォート】の板挟みに置かれているという状況。メインデッキからどちらかを意識し、サイドで苦手な方を対策するというのがしばらくは基本になりそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pinkiri

Author:pinkiri
デュエル動画とかにもたまに出てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。