FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カード考察17 《電光-雪花-》

光-雪花-
効果モンスター
星4/光属性/雷族/攻1700/守1000
このカードは特殊召喚できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在し、
自分フィールドにセットされた魔法・罠カードが存在しない場合、
お互いに魔法・罠カードをセットできず、
フィールドにセットされた魔法・罠カードは発動できない。

ライトニングサムライウーマン。なんかコナミのゲームに出てきそうなビジュアルしてますね。いやまぁこれもコナミのゲームなんですが。


★ステータス・効果
>このカードは特殊召喚できない。
>(1):このカードがモンスターゾーンに存在し、
>自分フィールドにセットされた魔法・罠カードが存在しない場合、
>お互いに魔法・罠カードをセットできず、
>フィールドにセットされた魔法・罠カードは発動できない。

《魔導戦士 ブレイカー》をモンスター版《サイクロン》だとするならばこちらはモンスター版のミニ《大寒波》。召喚に成功した時点で全ての除去罠をシャットアウトできるので、こいつ自体もある意味耐性持ち。
この手のルール介入型効果は【メタビート】の専売特許というイメージだが、効果はむしろアンチ【メタビート】。召喚権こそ使うが展開前の露払いとしてはかなり強力。【征竜】がまだ流行っていたらきっとちらほら採用していたでしょう。
ステータスは微妙なところ。バックの補助なしで戦う以上はあと100欲しかったかも。


★相性良さげなカード
《魔封じの芳香》
ミニ《ダーク・シムルグ》のような側面も持つということで。
お手軽かつ強力だが、結局大型モンスターの方が守りやすいので、既存の【アロマダムルグ】に組み込む形になりそう。

《虚無空間》
後出し前提だが、あえてメタビートっぽく戦ってみるなら。全体パンプアップなどと組み合わせれば一応の拘束はできる。でも布陣としてはちょっとイマイチ。

《オネスト》
こちらはよりアグレッシブに。要するに自分は手札や墓地から妨害すれば良いわけで、そういった意味では《エフェクト・ヴェーラー》や《超電磁タートル》《タスケナイト》との相性も良好。
召喚権がきついが展開型【武神】に電光雪花を採用するのも意外と悪くないかも?

ペンデュラム召喚
召喚権を割ける上に、ペンデュラム最大の壁《奈落の落とし穴》を簡単に封殺できる。
電光雪花を潰せる数少ない罠としては《神の警告》などのカウンター罠が存在するが、こちらもP召喚にとっては強敵なため、これを電光雪花に当ててくれればこれまたP召喚が楽になる。


★まとめ
やはりパワーデッキ向けのカードという印象。効果がド派手なぶん、かなり前のめりな構築を要求してくると思います。
クセの強いカードですが、乗りこなせればウザがられること請け合いなので、個人的にNECHでは一番期待しているカードです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pinkiri

Author:pinkiri
デュエル動画とかにもたまに出てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。