FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カード考察23 《真魔獣 ガーゼット》

魔獣 ガーゼット
特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
このカードは通常召喚できない。自分フィールドのモンスターを全てリリースした場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃力は、このカードを特殊召喚するためにリリースしたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

シリーズモンスターは忘れた頃にやってくる。
そのうち魔獣カイザーとかも出るの?


★ステータス・効果
>このカードは通常召喚できない。自分フィールドのモンスターを全てリリースした場合のみ特殊召喚できる。
>(1):このカードの攻撃力は、このカードを特殊召喚するためにリリースしたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。

前ガーゼットと比べての最大の強みはやはり特殊召喚である点。これだけで現在でも十二分に通用するモンスターになりました。
打点を出すためにフィールドのモンスター全てをリリースする必要がありますが、これは逆に言えばフィールドの要らないモンスターを処理しつつ総打点を維持できるということ。大量展開を行う際に邪魔になりがちな《ラヴァルバル・チェイン》などの処理に一役買ってくれる。


> (2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

良くも悪くも総打点が変わらないのがこのカードの特徴ですが、オマケで貫通が付いてくるのでかなりのプレッシャーをかけられる。パワー偏重のデッキでなくてもおそらく軽く3000は出るのでなかなかシャレになりません。


★相性良さ気なカード
《暗黒界の龍神 グラファ》
高打点かつ自己再生効果持ち。レベルも一致しているのでランク8にも楽に届く。
【暗黒界】ではおそらく《Sin スターダスト・ドラゴン》との選択になりますが、アグレッシブなタイプにするなら真魔獣採用も十分ありかと。

《H・C サウザンド・ブレード》
こちらも自己再生効果持ちなのでアドバンテージ損失を押さえつつそこそこの打点補助になる。中核にしたデッキを組むときは良いかも。

聖刻
8版の《聖刻龍-シユウドラゴン》みたいな感じで使える上に、アトゥムスから出てきた連中を打点に還元できる。
何より大量に高打点を並べるデッキなので簡単にゲームエンド級打点を叩き出せるのが魅力。


★まとめ
強いには強いしコンボ性も高い良カードだと思いますが、やはり総打点が変わらないという点は念頭に置いて使いたいですね。中途半端に使ってもカードパワーは発揮できないような気がするので、アド損覚悟でそのまま殴り殺すくらいの気持ちで使うと良いかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pinkiri

Author:pinkiri
デュエル動画とかにもたまに出てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。