FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カード考察5 《虹クリボー》

クリボー/Rainbow Kuriboh
効果モンスター
星1/光属性/悪魔族/攻 100/守 100
「虹クリボー」の以下の効果はそれぞれ1ターンに1度ずつ発動できる。
●相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
この効果でこのカードを装備しているモンスターは攻撃できない。
●相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、
フィールド上から離れた場合ゲームから除外される。

ZEXALのクリボー枠③。ノーマルの《クリボルト》、レアの《クリフォトン》と来て、こいつはスーパーレア。


★ステータス・効果
>●相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
>このカードを手札から装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
>この効果でこのカードを装備しているモンスターは攻撃できない。

《バトルフェーダー》や《速攻のかかし》と同じ、手札誘発で攻撃を止めるカードだが、ちょっと変わった点として、攻撃モンスターの装備カードになる。ハマれば数ターンは拘束できるので《神竜騎士フェルグラント》なんかにも一応有効。《エヴォルテクター シュバリエ》とか《カブトロン》のコストにもなるので結構コンボパーツにもなったり。
また特徴的なのがモンスター同士の戦闘にも有効な点。モンスターを守れる上、前述のフェーダーや《冥府の使者ゴーズ》と違い、場の状況からこいつの存在を読むのは難しいので、奇襲性は非常に高い。

>●相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
>このカードを墓地から特殊召喚する。
>この効果で特殊召喚したこのカードは、
>フィールド上から離れた場合ゲームから除外される。

おまけ(?)効果。普通は蘇生してもそのまま殴って来ますが、一回止められるだけ良し。この手のカードにありがちなデュエル中一回制限がないので、工夫すれば再利用も可能。
「墓地に落ちても仕事をする手札誘発」としては、デッキの性質上なかなか手札誘発を積みにくかったデッキでも活躍が期待できるかも。


★相性良さげなカード
《王宮の鉄壁》
なんと無限蘇生ができる。鉄壁をサイドから採用するデッキなら戦略として覚えといていいかも。

《ゴーストリック・ランタン》
蘇生効果にチェーンして出せばレベル1が二体並ぶ。エクシーズに繋げば虹クリ再利用も可能。もちろん《ゴーストリック・デュラハン》を出せば虹クリとランタンのセットがそっくりそのまま再利用できる。


★まとめ
《No.101 S・H・Ark Knight》《励輝士 ヴェルズビュート》なんかの影に隠れがちだが、LVALの中でもかなり優秀なカード。伊達にスーパーレアではない。安いなら集めといて損はない(かも)。
トーナメント的には1killデッキのほか、【炎星】なんかにも結構刺さる印象。実際【征竜】【暗黒界】では採用実績あり。最近じゃ【シャドール】とかも地味に採用してますね。
何にせよ、直接攻撃やダメージステップが主な活躍場所だったバトル内手札誘発に一石が投じられたので、新たな戦略、そして新たな手札誘発の可能性が匂うところ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pinkiri

Author:pinkiri
デュエル動画とかにもたまに出てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。